全身脱毛とは?永久脱毛のこと?2つの違いと特徴

全身脱毛は永久脱毛ではない!?

脱毛サロンなどのキャッチコピーなどでよく見かける「全身脱毛」とは、実は永久脱毛の事ではありません。脱毛サロンで行う脱毛とは、全身と銘打っていても一度で施術が終了するわけではなく、何度も通って脱毛することになります。これは、体毛には毛周期と呼ばれる毛が成長して生え変わる周期があるためで、この毛周期に合わせて脱毛を行っていくことになるため、長い場合には一年程期間を要する場合もあります。
更に、脱毛サロンで使用している脱毛機器は、毛根に照射する光の出力量が制限されているため、毛母細胞をしっかり破壊することが難しいのです。従って、施術が終了した直後は毛が無くなったと感じますが、時間が経過するに連れて少しずつ毛が生えてくることがあります。
どうして光の照射量が制限されているのかというと、ある一定量を超える施術となると「医療行為」となり、医師の免許を必要とするからです。従って、医療機関ではない脱毛サロンにおいては、医療機器を使用することができないのです。
しかし、脱毛サロンの全身脱毛が永久脱毛のではないからと言って決して無駄ではなく、痛みも少なく脱毛前よりも毛の量は確実に減少していきます。また高額と思われやすい脱毛ですが、低価格での提供も多くなりその手軽さが魅力でもあります。

関連ページ
脱毛と痛い箇所

美容クリニックでの全身脱毛とは?

医療機関である美容クリニックでの脱毛は医療脱毛となり、その方法には主に「ニードル脱毛」とレーザー脱毛」の2つのタイプがあります。
ニードル脱毛とは、一度施術を行うと二度と毛が生えてこないと言われていますが、毛を一本一本丁寧に脱毛していくためかなりの時間を要すると共に、その痛みも強いと言われています。そのため、現在のクリニックで行う施術方法は、ほとんどが「レーザー脱毛」となっています。
医療レーザー脱毛は、レーザーの出力量が脱毛サロンと比べて高いうえに、広範囲を一度に照射するサロン脱毛とは違い、毛根の奥の毛母細胞をピンポイントで照射していくため、その脱毛効果は高くなります。また、最新機器ではより痛みを感じなくなっているので不安なく施術を受けられます。
しかしながら、永久脱毛という点においては、その定義が「脱毛処理の施術を受けてから50年以上毛が生えてこないこと」とされており、この定義に一番近いとされている医療レーザー脱毛においても、まだその実績がないため永久脱毛としてきちんと認められてはいないのです。
美容クリニックで全身脱毛を受ける場合であっても、毛周期の関係で一度の施術では難しいですが、より永久脱毛に近い施術を受けることは可能です。

関連ページ
脱毛クリニックの料金を比較しよう